VRで空中に自由に絵を描こう!@NEWTOWN by CINRA

The following two tabs change content below.

Nei-Kid

Children First/Global/Be Unique、をポリシーに子どもの学びと子どもからの学びを広げていきます。

ハロウイーンも近いこの季節、NEWTOWNというイベントが昔の小学校校舎をまるまる使って行われる、ということで、Nei-Kidも出展してきました!

「街にカルチャーを。みんなでつくる文化祭」がテーマのイベントです!
旧小学校の校舎を使っての開催

今回はイベントの中での出展、ということで、いつものようなワークショップ形式ではなく、スポット体験型で多くの子どもたちに新しい体験をしてもらう形での出展となりました。

そこで用意したのがこれ。

NintendoSwitchのVR Kitの中でもとびきりクリエイティブな、3次元空間に自由に絵を描ける「ゾウ」です!

これを使って、子どもたちに自由に絵を描いてもらいました!
描いている様子はこんな感じ。

外からみると何描いているのかさっぱりわからないのがVRの難点ですね(笑)

イベントにきたたくさんの子どもたちに、3次元に描く絵を体験してもらいました!

おみせできないのが残念ですが、皆思い思いの絵を3次元空間の中に描いてました。

こんな描き方をしている子もいましたよ!

この子たちが大人になる頃には、”絵を描く”=”3次元で描く”になっているんだろうと思います。

未来の当たり前に触れる機会を、一人でも多くの子どもたちに届けたい。

そんな思いでこのプロダクトは準備しました。待ち行列ができてしまって体験できなかった子どもたち、本当にごめんなさい。

今回はこれ以外にも同じVR Kitの「トリ」「ハネ」で空を飛ぶ体験をしたり、

新発売のリングフィットアドベンチャーで運動体験なんかもやりました(VRじゃない)

お父さんお母さんにも新しい体験を!
大人向けVRはOculus Questで、鉄板の「BEAT SAVER」を体験してもらいました。子どもより盛り上がってたかもしれない(笑)

個人的にうれしかったのは赤ちゃんを抱えながらも参加してくれたお母さんがいたこと。育児中だって新しいことに触れる刺激は必要だし、大人も子どもも簡単にそういう機会が与えられるとよいな、と思いました。
赤ちゃんもめっちゃ喜んでOculus quest触りまくってましたw

イベントの場をお借りして、子どもたちやお父さんお母さんに未来の当たり前を垣間みせる試み、初めてでしたが子どもたちにもお父さんお母さんにも喜んでもらえたようで、本当によかったです。

形式にこだわらず、いろんな形で子どもたちとの交流の場をつくり続けていけるとよいな、と改めて感じた機会でした。

これからもいろんな形で場をつくっていければと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です